中国語を独学で勉強する人を応援!入門学習教材でマスターしてビジネスや旅行で会話を楽しもう!

中華料理

中国語独学勉強法!
にようこそ


語学学校に行かなくても、中国語を学習することは可能です。


中国語が話せるとあなたの世界が
大きく広がります。


気軽に勉強して仕事に旅行に
中国語を活用しましょう!



震災、そして台湾へ

このたびの「東北地方太平洋沖地震」で被災された皆様には、
心よりお見舞い申し上げます。



震災から4日後の3月15日。

どうしても外せない用事があり、台湾へと向かいました。

これほど、気が進まないフライトは初めてでした、、、


桃園空港では、入国審査に向かう途中の通路に、

体温を検知するサーモグラフィー機器が設置されて

いるのですが、今回は見慣れないゲートが。


あとでニュースを見てわかったのですが、

入国者の放射線量を計測していたようです。


当然ながら、これほどの震災ですので、台湾国内のニュース番組も、

震災の報道ばかりです。


ただ、報道内容はちょっと過剰というか、恐怖心をあおっているというか、

そんな印象を受けました。

画面上の隅のほうには、福島の原発から、黒い煙が関東方面に

流れてくるようなCGが映されていたり、

台湾各地の放射線量の数値がテロップ出ていたりと、、、

これには台湾の友人も、「行き過ぎだ」と怒っていました。



一方では、台湾から日本を支援するための、ありがたい

動きもありました。


3月18日夜には、全テレビ局が合同で、チャリティー番組を放送。

馬英九総統はじめ、ジュディ・オングさんや台湾の歌手や俳優など

200人以上が出演し、義援金を呼びかけました。


私は18日の昼に帰国したので、番組を見ることはできませんでしたが、

頻繁に番組告知のテレビCMが流れていました。


報道によると、番組終了までに、なんと7億8800万台湾元

(日本円21億円余り)もの義援金が寄せられたそうです。


また、台湾外務省の発表によると、4月1日現在で、

37億3,833万台湾ドル(106億9000万円)の寄付が

台湾全体で集まっているとのこと。


921大地震(1999年9月21日に台中で発生した大地震)の時に、

日本から様々な援助したこともあり、このような巨額の義援金が

集まったようです。


台湾には、親日の方が多いのは有名な話ですが、

これほどまで気にかけてくださるとは、、、


本当にありがたいことです。


台湾の皆さんの気持ちに応えるためにも、

自分なりにできることを考え、息の長い支援を続けていきたい、

と思っています。

«  震災、そして台湾へ  »

【Mr.Qの中国語お役立ち無料メルマガ】

中国語学習に役立つ情報を、気が向いたときにお送りしています(笑)
無料ですのでぜひどうぞ!

*は必須項目です

*名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer.

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

中国語独学の達人?・Mr.Q

Mr.Qの自己紹介

仕事で台湾・中国に通うこと
数十回。
すっかり中華の魅力に
はまっております(料理)。
最近はチャイナエアラインの
マイレージを貯めるのが
生きがいです。

応援ポチッとおねがいします!

最新の記事

カテゴリー

最近のコメント

    コメントはありません

タグクラウド

相互リンク

RSSリーダー

myyahooRSS

GoogleRSS

HatenaRSS

LivedoorRSS?

goo RSS